LIZON group

株式会社リゾン

株式会社リゾンFacebook

メニュー

TOP > リゾベーション > コミュニティをデザインする > 地域が活性化するコミュニティデザイン

地域が活性化するコミュニティデザイン

コミュニティ住まい

オーナー様親子との会話から始まり、永続繁栄のための未来を見据えた住まいづくりを提案。地域に根ざしたコミュニティ創りに力を入れ、オーナー様と入居者様お互いが安心して住むことを目指した住まい。

ベンチ

誰もが自由に座れるベンチは、人と人との繋がりを生み、一息の休息をすることで明日への活力となる。「ただそこに存在しているベンチ」を通じて、ベンチに腰掛けることでコミュニティの輪と人生を豊かにできる【ベンチタイム】を創造。

シェアサイクル

コミュニティ住まいにおいて、入居者様同士のコミュニティを作っていただくために始めた取り組み。駐輪場に自転車を設置し、入居者様であれば自由に自転車を乗ることができ、ゆずり合いでシェアしていただく。

色Reno

「色とりどりのRenovation」の造語。『お部屋に彩りを、生活に彩りを、人に彩りを』をテーマに、殺風景だったお部屋を、素材の色、柄、質感などで華やかにし、利便性のある生活アイテムで、多種多様な空間を個性豊かにデザインする物件価値向上リノベーション。

鉄道各社との提携

東武鉄道とまちづくりをテーマとして定期的に勉強会を開催し、朝霞台駅建替え、区画整理でのコラボレーション等の案件を通して地域活性化に繋がるように活動していく。

ドローンの活用

現在はドローンでの空撮が主な活用方法。物件の空撮や戸建て分譲現場を上空から撮影し、街並みを確かめることが可能。将来的には赤外線カメラを用いた物件外壁調査やオーナー様の畑で農薬散布など様々な活用を検討。

餅まきイベント

昔懐かしい上棟式の際に、ご近所へのご挨拶と安全祈願を込めて、棟上げ後にお菓子や小銭と一緒に紅白のお餅をまく行事を、お客様とご近所の方をお呼びして行うイベント。